空気が1年で一番きれいなのはこの冬です。
またシャキッとするのも冬ですね。
寒いと命の危険を感じるからかも知れません。
冬場は日中のウオーキングがお勧めです。
閉じこもりがちなこの季節は体に浴びる日照時間が短くなりがちです。
ある大学の調査では視力がおちるのは日照時間が少ないためとの結果が得られています。
2~3時間の日照時間をキープしましょう。
また寒さで血圧が高くなりますので、高血圧の方は、ウオーミングアップを入念に行いましょう。

冬グッズ…防寒対策をしっかり行って下さい。

毛糸の帽子、手袋、ホッカイロ、小銭

携帯電話など

冬ウオーキングの効果

冬場は何と言っても空気が澄んでいて気持ちが良く、歩くことで血行もよくなり、閉じこもりがちな冬、昼間に行えば日照時間をキープできることが利点となります。
日光に当たることでビタミンDが体内で作られ、骨粗鬆症の予防にもなりますし、視力にも良い効果があることが最近のある大学の調査で明らかになろうとしています最低でも休日にはお日様に当たりましょう。
昼間のウオーキングでぽかぽかの太陽の日を浴びながら、冬ウオーキングを楽しみましょう。

冬のウオーキングの特徴

夏場に鍛えた筋肉が活躍する時期です。
冬場は心臓に負担がかかりますので、血圧の変化や血液の流れに注意を払いましょう。
寒さで体がこわばり、血の循環が悪くなります。
寒さ対策はもちろんのこと魚のEPAやえごま油などの摂取を心がけましょう。
私はサプリメントで取るようにしています。
リンパの流れにも良いです。
そして、汗をかいたら5分以内に着替えるか、お風呂で汗を流し、温まりましょう。
風邪をひかないように工夫が必要です。
特に血圧に異常のある方は急激な気温の変化に敏感に反応しましょう。
少しでも異常を感じたらすぐにウオーキングを中止し主治医の相談することをお勧めします。